~中小企業の政策を考える会・勉強会~

日時

令和2年2月21日(金)

※15分前には、会館前にお集まりください入館証をお渡しします。

第一部 IOTで変わる未来

16:00~17:30

近年、企業活動においてはIoT(Internet of Things)機器をはじめ様々な情報機器の利用が爆発的に普及しています。
こうした企業を取り巻く環境が複雑化する中で、サイバー攻撃は巧妙化・複雑化しており、攻撃された場合は自社のみの被害に限らず他社の攻撃の踏み台にされるなどのリスクも生じています。
中小企業等が安心して事業活動を継続するために、どのような観点・対策があるのか最新動向を紹介いたします。

講師

梅城 崇師 氏
総務省サイバーセキュリティ統括官室参事官補佐

第二部 地域の子どもを支える新しい寄附の形

17:30~18:00

立教大学の学生が寄付の新しい形について考案いたしましたので、発表の機会を設けさせていただきました。
本企画はお店に来るお客様から寄付をしていただき、その資金で地域の子供たちやその保護者に無料で食事提供するシステムです。
資⾦の使い道が明確で、システムに関わる全ての人が幸せになれる今までにない新しい寄付の形です。

登壇者

立教大学経済学部郭・深澤ゼミナール
加福泰生 氏・中本美奈子 氏・鈴木智晴 氏

場所

衆議院第二議員会館 第一会議室
東京都千代田区永田町2-1-2

懇親会

18:30~20:30
会場:赤坂見附近予定
(衆議院第二議員会館から10分程度)
参加希望の方には、後日詳細をお伝えいたします。

お申込みフォーム